コープライスセンターは厳重な品質管理のもと、安全・安心でおいしいお米をお届けしつづけます。

>
>
お米のよくある質問

お米について

お米のよくある質問

コープライスセンターに寄せられたお米やごはんに関する質問をご紹介致します。
また下記で見つからない場合は、お問い合わせページよりお気軽にご質問下さい。

お米について

 

 
お米を買うときの注意点は?
あまり一度に多く買わないことです。お米は生鮮食品と同じように、
日がたつとうま味が落ちてきます。精米年月日をよく確かめてお買い求めください。
 (目安:夏は2週間。冬は1ヶ月。)
 

 

 

 
炊き上げたご飯をおいしく食べられる時間ってありますか?
ご飯は蒸らしあがった時点から30分~1時間程度までが、
熟成、温度条件ともに最も美味しく食べられます。
それ以降は温度が冷めたり、老化(retrogradation)が始まって美味しさが損なわれます。
 

 

 

 
電子ジャー機能で保温時間の目安ってありますか?
電子ジャー機能で保温する場合は、一般的に72℃~74℃の高温に置かれ3時間を
過ぎた頃から口に含んだときに保温独特の味、臭いを感じるようになります。
 

 

 

 
お米の栄養について教えてください。

白米の栄養成分は約75%がでんぷん質で残りを水分・タンパク質・カルシウムなどが占めています。
また玄米を白米に精米加工するときに除かれるぬかや胚芽の部分には脂質やタンパク質、ビタミンB1やEが豊富に含まれています。玄米や胚芽米のままで食べることでこうした栄養素をも摂取できますが、玄米は消化が悪くなるので調理には注意が必要です。
白米のタンパク質含量は7%程度なのでそれほど高くありませんが、お米のタンパク質は植物性タンパク質の中では良質な方に属し、また主食として摂取量も多いので、お米は日本人にとって重要なタンパク源の一つです。

 

白米はデンプンは多いのですが脂肪はほとんど含まれていません。それは脂肪をほとんどとらずにエネルギー源として摂取できることを意味します。近年日本人の食生活の欧米化とともに、脂肪、とりわけ動物性脂肪の摂取過多が動脈硬化などの生活習慣病の要因として問題視されています。その中で米飯を野菜・海藻・大豆製品や 魚などの副食物と組み合わせたいわゆる日本型食生活が、健康的な食生活の典型的なモデルとして注目されています。

 

 

 

 
フードプランってなんですか?
「安全・安心な食べ物がほしい」という組合員の声に応え、消費者にも生産者にも、
そして環境にも配慮した食べモノづくりの仕組みがフードプランです。
野菜や果物、肉類や養殖魚、牛乳などの商品があります。
詳しくはこちらへ ⇒ http://coops.coop-kobe.net/philosophy/foodplan/
 

 

 

 
お米の一合って何グラムですか?

お米一合は150グラムと言われています。

実際には品種によりつぶの大きさが違い、同じ品種でも、水分含量や粒の充実度によって容積当たりの重量は違ってきますが、お米一合は180mlですので、約150グラムということになります。

 

 

 

 
胚芽精米(胚芽米)って?
胚芽精米は皆様一度は聞いたことがある胚芽米と呼ばれているお米です。
胚芽精米は玄米から糠層のみを取り去って胚芽が残るように精白した米のことを言います。
胚芽精米の品位基準ですと、重量比で胚芽を80%以上を残したものとされており、この基準を満たしたものが「胚芽精米」と呼ばれています。